例 題 


<例題>
<解答>乙円、等円の半径を r、s とし、点は下の図にあるものとする。
    条件より、乙円の直径+等円の直径=甲円の直径             2r+2s=12・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)     和算の公式から、|HI|=2(6s)1/2・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2) 、     条件より、 △SBHK∽△OBI ∵ ∠SBH=∠OBI、∠SHB=∠OIB     上の式より、|BH|:|HS|=|BI|:|IO|       |BI|−|HI|:|HS|=|BI|:|IO|   16/2−2(6s)1/2:s=16/2:12/2=4:3          24−6(6s)1/2=4s          12−3(6s)1/2=2s              12−2s=3(6s)1/2        144−48s+4s=54s         72−24s+2s=27s         2s−51s+72=0         (2s−3)(s−24)=0       2s=3 ∵ s≠24     上の式を(1)に代入、               2r+3=12                 2r=9寸・・・・・・・・・・・・・・・・(答)
 群馬の算額 104−6 
ここをクリックして,誤り,ご意見,ご質問を送って下ださい。
inserted by FC2 system